スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
栗むき気分
   シンプルで極上
   栗の渋皮煮

   




秋。日本と同じくフランスもおいしいものが出揃います

今年は帰国時に秋刀魚に松茸にと
少し早めに日本のおいしい秋もいただけたので二倍得した気分。。



二ヶ月ぶりに戻って食材の買出しに行ってみると帰国前とはがらっと顔ぶれが変わっていて
そして、しばらく和食三昧だったのでいつものあれこれも少し新鮮に感じます


中でも今年の秋のうちのスターになりそうなのは栗の予感


なぜかって
日本から力強い味方を連れ帰って来たから
という単純な理由っ




            その名もかわいい"栗くり坊主"



ずーっと前から気になっていたけれど栗の季節に帰らないと忘れているし
絶対必要かといえばなくても大丈夫なものだし
シーズンだけのものでわざわざ送ってもらう程でもないしと
延ばしのばしになっていたけれど
日本滞在の終わりの方で初物の立派な栗をいただいてふと思い出し
手に入れてきた念願のもの

   探せばフランスにもあるような気がするけれど...



聞いていたとおり、コツさえつかめば簡単に鬼皮と渋皮を一緒にむくことができ
もちろん鬼皮だけをむくこともできて大満足


栗をあらかじめ水につけておいたり、茹でたり、の手間もなんとなく億劫で
昨年まではついつい敬遠しがちだった栗料理のあれこれやピューレづくりや
カレンから毎日リクエストのある栗ごはんも一気に楽しい作業となり
こちらでは便利なむき栗やピューレが手頃に売られているけれど
やっぱりてづくりは格別だなと感じているところです



そんな中、シンプルなおいしさを再認識しているのが
コトコト時間をかけて仕上げる栗の渋皮煮

カレン用には煮汁から引き上げて
自分用には煮汁をさらに煮詰めてラム酒を少しきかせて
保存瓶につめてゆっくり冷ましたら毎日のお楽しみ


そのままがおいしい
アレンジもおいしい
この秋の楽しみ色々。。






  このショッキングピンク色の鞘に入った
  マーブル模様のお豆さんは
  茹でたらシックで秋らしいベージュ色になる
  ほくほくして甘い、インゲンの一種

  この辺りでは白いんげんよりも主流のよう


  食いしんぼは鞘だしをお手伝いしたら
  茹で上がる頃を見計らっていそいそ勝手に着席ですっ


                               
おうちごはん
Comments*20 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
☆Comments☆
手伝いしにきて、相変わらず食べてますねぇ。
味見係といいたいとこですが、素材からですからねぇ。。。絶対カレンさんはシェフですよね。

栗と言えば、大好きなくせにこんな風に処理したことなかったなぁ。だからこの前、栗の甘く煮たやつは黄色でモンブランは茶色な理由答えられませんでした。(正直あせった。。。)

まぁどっちもおいしいんだからいいじゃないとお茶をにごしたんですが。。。

この栗くり坊主、すごい。けど機械音痴なわたしでは宝の持ち腐れなんだろうなぁ。トホホです。
多英
2007/10/12 12:11 PM
栗かぁ・・・自分で処理した事ないですねぇ!
栗専用のピーラーってとこでしょうか。
こういう便利なものがあるんですよねぇ^^
しかもまた美味しそうに茶色くなってますねぇ栗さん達♪
それから、このいんげんさん!素敵です♪
皮も中身も可愛いですねぇ!こちらには無いですよねもちろん?!
相変わらず、カレンちゃんも可愛い行動で癒されます^^



アータン
2007/10/12 10:48 PM
お帰りなさい!仕事に追われ気味で夏が終わってしまいました。ブログは時間のある時に見させてもらっていましたよ!ロンドンに長く住むとフランスには美味しいものだらけといつも思ってしまいますが、やはり日本はいいな〜と思わずにはいられませんでしたよ。

私達来週の木曜日から火曜日くらいまでベジエに行く予定です。5月以来なんで楽しみです。
たかこ
2007/10/12 11:34 PM
クリクリ坊主、私も気になってたんだけど、むきやすいの?
あれがあれば少しは栗むきが楽になるかなぁ。
なくても食べたい一心でむくけど―。

で、渋皮煮ってどうやって作るの?
教えてーーー
まゆみ
2007/10/13 1:10 AM
その栗の皮むきいいなぁ...
そろそろ栗の季節なのに剥くのは面倒だからと
甘露煮で栗ご飯が出来ないか楽をしようかと考えていたところです。
そうしたら甘すぎるかな。
つかさ
2007/10/13 4:02 AM
お帰りなさい〜!。
秋刀魚や松茸を堪能してきたんですね。羨ましい〜です。
私も今度帰る時は、秋にします!

栗の季節ですね〜。栗おこわ食べたいなあ〜。
って本当に秋は食欲をそそりますよね。
このお豆さん、食べたことなかったです。
今度買ってみようかな。
ecureuil
2007/10/13 6:32 AM
★多英さん
そうそう、結果的においしければよいんですよぉ〜!

この坊主は機械というような大そうなものではなく
はさみ&包丁といった感じで使い方も簡単ですよ。
ただし怖いくらい切れますので要注意ですっ。

カレンは最近口が達者になってきてつまみ食いを怒ると
味見をするだけだと逆切れしてバクバク食べます。
そういえば日本のスーパーやデパ地下では味見ならぬ
試食のプロと化して"つぎはなにかなぁ〜♪"っと大変でした、、。
keiko
2007/10/13 8:03 AM
★アータンさん
栗ってあんなにおいしいのに、やっぱり面倒ですよね〜。
これはピーラーほど簡単ではないけれど
はさみと包丁のあいのこみたいな感じでむくタイプです。

このお豆さん、かわいいでしょお!
皮はピンクなのに中は茶色の模様が入っていて
茹でるとおしゃれにベージュになる。
味はもちろんこの変化も気に入っています。
日本にはたぶんないと思います。
帰国時に乾燥の黒豆や金時豆を買ってこようと思ったのに
残念ながら忘れちゃいましたぁ〜っ。
keiko
2007/10/13 8:10 AM
★たかこさん
こんにちは。
お忙しい中、帰国時のブログも見ていただいていたのですね。
やっぱり、日本人としては日本の味覚が一番ですよね!
実家が高知なのでカツオのたたきをこれでもかというほど
お腹におさめてきましたっ。

もうすぐベジエにいらっしゃるのですね!
お会いする機会があればよいなと思いますが
また周辺の村まで足を延ばされたりするのでしょうか。
私の方はすっかりおでかけからは遠のいていますが
またおすすめがあれば教えてくださいね。
keiko
2007/10/13 8:24 AM
★まゆみさん
まゆみさんも気になってました!?
めちゃくちゃ簡単〜ではないですが包丁よりははるかに楽ですよ!
よく栗むきするならばおすすめです!
でもかなり危険なので気が抜けませんっ。

渋皮煮は母や叔母がよく作ってくれていて大好きだったもの。
作り方は聞いたことなく得意の自己適当流なのですが、、
鬼皮をむいたら水から煮て沸騰させてはアクのでた煮汁を捨てて
余分な皮や筋を落として、の作業をアクが少なくなるまで
何度か繰り返します。
重曹を使ったらよいみたいだけど私はないので使ってません。
その後はお砂糖をたっぷり入れて柔らかくなるまで炊き
煮汁につけたまま常温でゆっくり冷ませば出来上がります。
煮汁を煮詰め好みのブランデーやラムを入れると大人味になります♪
お試しあれ〜。
keiko
2007/10/13 8:51 AM
★つかささん
甘露煮で栗ご飯、どうでしょうね〜。
男の人には受けないかもしれないけど甘くておいしそお♪
私もあのフランスのむき栗でやるとどうかと何度かたくらみながら
やったことがありません。
興味しんしんなのでもし試されたら教えてくださいね。
フランスには栗の皮むき、ないのかな。

帰国中はネットしてるとあっという間に時間が過ぎちゃうので
お邪魔するのを心を鬼にして我慢してましたっ。
またつかささんの日記にも遊びに行かせていただきますね〜。
keiko
2007/10/13 8:56 AM
★ecureuilさん
7月末〜9月末だったので夏と初秋のおいしいものの両方が食べれて幸せでした。
気温は最後まで猛暑のようでしたが・・。
どの季節も魅力ですけどやっぱり秋が一番かなぁ。

おこわ、そうですよね〜。
もち米も欲しかったのに忘れてきてしまいましたぁ。
買って来るものリストを作ってたのに失くしてしまったのです。涙

お豆さん、パリではこのタイプに気づかず
白いんげんばかり食べてましたがこちらもおいしくておすすめです。
keiko
2007/10/13 9:08 AM
一枚目の写真を見てから、頭の中が『栗』でいっぱいになりました(笑)
私も作り方を聞こう!って思ってたら、お友達の中にその質問があって
、その答えもあって♪私もチャレンジしてみたいですわ(≧▽≦)!
『栗』準備しなくっちゃぁ!!
miki
2007/10/14 11:01 AM
今日、「くり坊主」かっちゃったー!
ホームセンター行ったら広告の品で1480円也。

でも栗があまりツヤがなかったんで買うのやめちゃったけど。

渋川煮、作ってみるっ!!!ありがとう!

ところで、茨城は栗の生産量日本一なんでーす。
まゆ
2007/10/14 7:27 PM
わーーーー!!!えらーい!栗の皮むき。
私は今年も、おおいに敬遠してるさー!笑
渋皮煮も憧れちゃうんだけど〜。
ケイコさんの渋皮煮もすごくきれいにできていて、美味しそうで
ほんと私も作ってみたい衝動に一瞬、かられちゃうわー。
もろもろと崩れやすい(と思っている)こっちの栗でも、
こんなにきれいに剥けるんやね。

栗むき器ってやっぱり便利なんやー。
ふむふむ。私も今度、仕入れてこようかな。
かなこ
2007/10/15 4:34 AM
★mikiさん
あははぁっ、ちょっとアップすぎたよね〜。
頭の中が栗でいっぱいのうちに是非試してみて〜っ。
あの毛むくじゃらの渋皮が簡単においしく変身するからっ。
こんな時にどこかから拾った栗のおすそ分けなんてあったら嬉しいよねっ。
なんて書いてたらなんだか栗拾いがしたくなってきたよぉ!
ちびっ子にはイガイガが危険だけどねっ。
keiko
2007/10/15 7:10 AM
★まゆ(み)さん
早速購入とは、早い!
しかも安い!
同じやつなのかな。

そして茨城が栗の生産量ナンバーワンなんて知らなかったー!
ということは素晴らしい栗がゴロゴロしてるんでしょうね。
立派なおっきいのを見つけて渋皮煮を堪能してくださいませっ。
keiko
2007/10/15 7:15 AM
★かなこさん
敬遠するよね〜。ありゃいくらなんでも面倒すぎるよね〜。
日本でもし目にしたら是非。
でもフランスにもよく探せばありそうな気もしない!?

という私のブームも今だけかもしれないけど。(汗)
慣れてきたぞーっと調子にのってたら
ちょっとだけど血を出しちゃいましたっ。
あの皮が剥けるくらい鋭いってことだから油断禁物。

でもでも渋皮煮を口に入れるとなんとも至福の瞬間が訪れます。。
keiko
2007/10/15 7:24 AM
>お会いする機会があればよいなと思いますが
是非とも!実は是非ともけいこさんとだんな様に紹介したい友人達がベジエ近辺にいます。今週金曜日の3時くらいにポール・リケ通りのBNPでアポがあるので、もし近くにいらっしゃったら声をかけて下さいね。
たかこ
2007/10/15 9:09 PM
★たかこさん
3時頃に行けばお会いできそうでしょうか。
たぶん行けると思います!
よろしければアドレスはこちらです。
salut_ks@hotmail.com
きっとお会いできること、楽しみにしています♪
keiko
2007/10/16 8:31 AM
☆コメントフォーム☆










InternetExplorer Only